消費者金融と警察の関係

2018年10月17日

警察官は消費者金融を利用できないという噂がありますが、これはあくまで噂で、利用は問題なく行う事ができます。消費者金融を利用する時に重要になってくるのが、安定した収入がある事です。安定した収入がある職業の代表が公務員です。本人がやめない限り、倒産等の心配もなく、安定した収入が続いていく事になります。ですから、公務員は審査に通りやすくなっています。

警察官も公務員ですから、安定した収入があると見なされ、審査では有利な職業のひとつになります。そして、審査に通れば問題なく、借入をする事ができます。ただ、注意をしておかなければいけないのが、利用の仕方です。

消費者金融で借入を始めた後、多重債務に陥ってしまう、返済が難しい状態になってしまう人は珍しくありません。公務員というのは信用が大切な職業です。その為、信用に影響をする状態になれば、懲戒免職になる可能性も出てきます。その為、警察官は消費者金融を利用できないと言われるようになっています。必ず懲戒免職になるという訳ではありませんが、状況によってはこれまでどおりの部署で働けない可能性も出てきます。

ただ、警察官であっても、お金を借りたいという状態になる事は珍しくありません。そんな時には、共済組合を使ってお金を借りる事も可能です。共済組合はカードローンのような使い方をする事が出来るだけでなく、目的に合わせた様々な利用法が可能となっています。警察官の場合、共済組合を活用するという方法も有効です。
【初めての消費者金融】カードローンでおすすめの1枚はコレ!はこちら