visaデビットカード利用前に…知っておきたいカード番号の豆知識

2018年4月27日

デビットカードをお得に利用する前に、カード番号について確認をしておきましょう。届いたvisaデビットカードを見ると、3桁の店番号と7桁の口座番号のほかに、16桁のカード番号も記載されています。キャッシュカードとしての機能とデビットカードとしての機能の両方がついているためです。

基本的に、海外旅行ではvisaブランドのクレジットカードなら使えますが、銀行のキャッシュカードやローンカードは使えません。消費者金融のローンカードも同様です。海外旅行へ行くなら、クレジットカードがほぼ必須であると言われています。

実は、visaデビットカードは海外でも利用ができるものです。買物に使えることはもちろん、visaに対応したATMから現地通貨を引き出すことも可能です。クレジットカードとほとんど同じ機能を持っていると言えるでしょう。しかし、預金残高の範囲でしか使えないということには注意が必要です。

クレジットカードのカード番号は、最初の6桁が銀行識別番号、次の9桁が個別の識別番号、最後の1桁が番号が正しいかどうかを判別するコードとなっています。visaカードの場合には最初の1桁は4から始まっています。デビットカードについても、同じ法則があてはまります。カードが届いたら番号が法則にあてはまっていることを確認しておくとよいでしょう。特に重要なのは最初の6桁です。最初の6桁でなんのカードであるかがわかってしまいます。